スポンサーリンク

不妊治療の治療費をまとめてみました。

不妊治療

不妊治療にかかった金額の計算をしてみました。

淡々と金額を書いていきます。

自己流の妊活→初期検査→タイミング→人工授精→体外受精→顕微授精と行ってきました。

ほぼ自分のためのまとめですが、治療中の方やこれから不妊治療を始めようと思っている方、興味のある方へ一例として参考になればうれしいです。

 

スポンサーリンク

はじめに注意書きなど

私の通っているクリニックは関西で有名な、ややお値段高めなクリニックです。

以下の金額は消費税や初診・再診料・薬剤情報提供料など含みます。

領収書の関係で分別しにくい項目はひとまとめにしたりしています。

もし個別で気になる金額があればお気軽にお尋ねください~!

薬や検査は人によって必要なものが違いますので、あくまでご参考程度としてください。

 

 

自己流妊活期

期間:半年

合計:13,920円

内訳

排卵日予測検査薬(ドゥーテスト):1本2,980円×4回=11,920円

基礎体温計:2,000円くらい

 

初回検査

合計:106,160円

内保険適応:7,580円  自費:98,580円

内訳

夫:合計 28,080円

感染症検査:9,720円

精液検査:18,360円

 

妻:合計 78,080円

尿検査・一般血液検査・超音波検査・感染症検査・抗体検査:72,910円

子宮卵管造影検査:5,170円

 

タイミング法

実施回数:3回

合計:9,690円

保険:6,120円  自費:3,570円

内訳

薬:3,570円

HCG注射&超音波検査:6,120円

 

人工授精

実施回数:2回

合計:81,010円

保険:なし  自費:81,010円

内訳

薬・HCG注射:5,610円   

診察・エコー:9,400円   

人工授精:66,000円

 

体外受精

採卵(成熟卵得られず)1回、採卵~体外受精までを2回、融解胚移植を1回

合計:1,566,870円

保険:2,610円  自費:1,564,260円

内訳

薬・注射・エコー・血液検査・採卵準備代:402,890円

精子凍結1回:21,600円

採卵~体外受精2回:643,340円

採卵のみ(卵得られず)1回:216,500円

新鮮胚移植できなかった胚のお世話代2回:45,880円

胚凍結1回:54,000円

融解胚移植1回:179,960円

 

顕微授精

(2020/11現在)

採卵のみ(成熟卵得られず)を1回、採卵~顕微授精を4回、融解胚移植を3回

合計:2,736,780円

保険:750円  自費:2,736,030円

内訳薬・注射・エコー・血液検査・採卵準備代:492,130円

採卵のみ(卵取れず)1回:116,220円

採卵~ 顕微授精 4回:1,667,950円

胚凍結3回:162,000円

凍結に至らなかった胚のお世話代1回:75,600円

融解胚移植(アシステッドハッチング有)3回:542,540円

 

その他

定期検査・追加検査4年分:58,950円

サプリ:125,580円

 

助成金

3回分:600,000円

 

支払額合計

全合計:約4,750,000円

助成金:600,000円

支払合計:4,150,000円

自己流:13,920円

初期検査:106,160円

タイミング:9,690円

人工授精:81,010円

体外受精:1,566,870円

顕微授精:2,736,780円

 

また随時更新していく予定です。

 

こうして並べてみると、ぞっとしますね!

何が買えたかな~、どこに旅行に行けたかな~・・・とか考えてはいけませんね。

はやく保険適用になればうれしいです。まぁその頃には私はもう治療辞めていると思いますが・・・。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

うに🐰

コメント

タイトルとURLをコピーしました