2100人に聞いた!不妊治療をしていることを職場の人に言う?言わない?アンケートまとめ 

みんなの話

質問箱にこのようなご質問をいただきました。

 

  

 

スポンサーリンク

私の考え 

職場に不妊治療のことを言うか言わないか、迷いますよね~。 

私の場合はタイミング~人工授精の時は直属の上司にはお休みをもらうために話しました。 

友だちレベルに仲の良い同僚にも話していました。 

そして聞かれまくってごまかせなくなり、いやいや話した同僚もいます。笑 

漫画にも描いたこのあたり……ですね。

 

体外からは休まなくてはならない日が増えすぎて、私が休むことで影響がある人には話すことにしました。   

治療年数が長くなっていくうちに、(まぁ別に隠す必要もないか~)と思うようになってきて、ある程度関わりのある人に聞かれたら「不妊治療してるんです~」と話すようになっていきました。 

 

 不妊治療をしていることを職場の人に話すことのメリット・デメリット 

私が感じたメリット、デメリットです。 

メリット 

 ①休みがとりやすくなった。 

ありがたいことに理解してくださる方が多く、休めるように調整してもらえました。 

②休む理由をごまかしていた時より精神的に楽になった。 

やっぱり嘘をつくのはしんどいです。  

③子どもを産むことを急かされることが減った。 

「子どもはまだ?」系はやっぱりダメージ大きいので言われなくなるとだいぶ気が楽になりました。 

 

デメリット 

①話のネタに治療のことを聞かれる 

どう?できそう?とか、最近どんなことしてるの?とか面白げに聞かれてるように感じてイライラすることがありました。(そんなことないかもですが、その時の受け取り方によりしんどかったです) 

②見当違いアドバイザーが現れる 

逆立ちしたら妊娠するとか、冷やさないようにとか、葉酸サプリ飲んだらできるとか、どこどこのクリニックにいったらできた友達いるよとか、友達も一年かかってやっとできたからあきらめないことが大事とか、諦めたらできるとか、養子は考えないの?とかとかとか……の耳ダコうんざり系のアドバイスをもらうことがめちゃめちゃ増えました。 

これもそのときの気分によってはかなりイライラしましたね……。悪気がないことがわかる分対処もし辛く、けっこう悩まされました。  

 

言って良かった 

デメリットもいろいろありますが、私は言ってよかったと思っています。 

やっぱり休みがとりやすくなることが一番大事だったと思うからです。 

移植のあとは重いものを持たないように、体力のいる業務は私には回さないように、などのありがたい気遣いもたくさんしてもらいました。  
 

スポンサーリンク

不妊治療していることを職場に言う?言わない?アンケート 

言っている人、言っていない人、どちらが多いのか。 

また言った、言わない理由は?言って良かった?後悔した? 

私は言って良かったと思いましたが、みんなはどうなんだろう。 

と気になってTwitterInstagramでアンケートを取りました。 

2100名の方が協力してくださいました!いつもありがとうございます……! 

この記事が、どうしようか悩んでいる方の役に立てば嬉しいです。 

 

(頂いた体験談は一部編集している場合もありますが、内容は変えていません。お名前を載せられると困るよと言う方はお手数ですがご連絡ください!) 

 

 

不妊治療していることを職場で話している?話していない? 

話している

YES/NOでの回答、参加者2100人

話した理由は?

114人

休み調整 55.7% 

・あらかじめ不妊治療してる事を話していた方がシフト変更の際にお願いしやすいと思い、仲の良い人には話しています。(Chisatoさん)

・席が隣だったり業務内容が同じ人には伝えています。やはり、急に休みになると迷惑をかけてしまうので……。その分、出勤時は電話をたくさん取ったり、フォローをいつも以上にしたりと、仕事中のアンテナを常にビンビンに張ってます (かっかちゃんさん)

・不妊治療をしていることを伝えないと定時に帰れなかったからです。採卵や移植の時は時間が決まっているので、スムーズに休むために言いました。(SANAGIさん)

 

嫌な思いをしないように 10.7% 

・「子供はまだ?」など聞いてくる人には「出来にくいので不妊治療をしています。」と話すようにしていました。悪気なく言われるのがストレスだったからです!(sora mamaさん)

・不用意に傷付きたくない、相手を勝手に悪者にしたくないからです。不妊治療に限らず、様々な事情があって仕方なく早退や遅刻を繰り返している人がいると、理由を知らなければ最初は心配しても、その内(なんだこいつ)と思われるようになると考えたからです。ついでに「そろそろ子ども作らなきゃ〜 」みたいな悪意のない言葉も回避できそうだと思い、私は言える範囲で伝えてます。(こゆさん)

・早退や業務中に仕事をぬけることが多かったので、影で噂話をされる事が嫌で、上司に相談後に公表しました!(namikiさん) 

 

隠すものではない 8.4% 

・不妊治療は決して恥ずかしいことでも悪いことでもない!マイナスのイメージを自分自身も持ちたくなくて、聞かれたら同僚に話してました。(めぐみさん)

・大っぴらには言ってませんが、隠すことでも無いかな〜と思い聞かれたら言ってます。(kon_pei_tou.701さん)

 

治療してる人が他にもいた6.9% 

・同僚も妊活しているので、話してます (yさん)

 

今後治療をする人のため3.1%  

・部下にも「治療しながら続けられる仕事」だと認識してもらえた方がよいと判断したため。(strawberryai1130さん)

・いつか不妊治療ををするかもしれない人たちのために、今のうちに職場に理解をして欲しくて話していました。(りんごさん)

 

不妊治療のことを知ってもらいたい 3.1%  

・結婚したら当たり前に子どもが出来ると思ってた若かりし自分をぶっ飛ばしたいです。遊び尽くして32で結婚、妊活はじめるも1年出来ずそこから妊娠について学びました。月1回しかチャンスが無い、作られる卵子には限りがある等はじめて知り、気付くのが遅すぎたと後悔しました。同じ事を繰り返して欲しくなくて若い子に話しています。やはり知識は若い時の私と同様でした。子どもが欲しくて相手がいるなら早く結婚する事をすすめました。女性みんなに知ってほしい。子どもが生まれるのは奇跡なんだと…(ほなみさん)

 

心配された 3.1%  

・初めは上司のみに話をしていたのですが、同僚にも体調大丈夫?など、気にかけてもらっていたので、話した方が自分的にもスッキリすると思い、オープンにしていました。(Nancyさん)

 

治療の話を聞いて欲しかった 3.1%  

・不妊治療をしなければいけない自分、という現実を1人で抱えるのが辛過ぎて信頼できる先輩に聞いてもらってました。(Hinaさん)

 

話すように言われた2.3% 

・有給を取るためには理由を上司に報告する必要があったので(法律的には必要ないのですが…上司の言うことは絶対でした)仕方なしに不妊治療していることを伝えました。(こんさん)

 

その他(理由が不明慮) 3.9% 

 

 

話して良かった?後悔している?

60人

話して良かった

 

休みやすくなった 54.3%  

・話したら「シフト変われる時は変わるから言ってね」と言ってもらえたので、言って良かったです。(あゆさん)

・頻繁に休まなくてはいけなくて、迷惑をかけてしまうので言いました。みなさん優しくて応援してくれてるのでありがたいです。(naokoさん)

・同じ部署の人には伝えてます。急に休んだり、残業できなかったりするので理由は言っといた方がいいかなぁと。男性女性いますが理解があって助かってます!(めろいもさん)

 

気を使ってもらえるようになった 10.9%   

・本当に職場に恵まれていて、皆身体の事を心配してくれます。午前中病院行って午後出勤みたいな日に遅れることもしばしばだったけど、休んでよかったのにーみたいな雰囲気です。本当に感謝感謝です。(ひなさん)

・手術で仕事を休む際にお話ししましたが、それから定期的に気にしてくれたり、話を聞いてもらえるて、心が軽くなりました。(あおいさん)

 

情報収集に役立った 8.7%   

・治療や妊活に関して職場の先輩方から情報をいただけたりしました。(りっつさん)

・その人の情報だったり、その人の友人の情報など聞かせて貰えることがありました。(k.sさん)

 

話を聞いてもらえる 8.7%   

・不妊治療の末に出来た待望のわが子を無脳症で亡くした時に、同期の子が本当に親身になって相談に乗ってくれました。社会人失格ですが、仕事に身がしばらく入らなかったのでその時は同期のその子がフォローしてくれて本当に助かりました…。仕事場の人に話すのって躊躇があったのですが、信頼のおける方なら話すのも1つの手だと思います。(asamiさん)

 

子どもについて聞かれなくなった 4.3%   

・子供は?って聞かれるのが嫌なので話しました。話した事により聞かれることもなくなり、話してよかったと思います(あめりささん)

 

罪悪感がなくなった・ストレスが減った2.2%   

・事情を話せば有給をとりやすくなり罪悪感もなくなりました!(makoさん)

  

移動させてもらえた 2.2%   

・体外に入るタイミングで 有休が無くなりそうだったので上司同僚にほぼ同時に報告しました。在宅になる事が出来たので 報告して良かったです(74n5555さん)

 

理由不明慮8.7%   

 

 

話したことを後悔している

根掘り葉掘り聞かれるようになった 28.6%   

・話していましたが、毎度毎度どうなった?って聞かれるのが嫌になりました。話のネタにされている気がして……。これが嫌で極小数にしか話さなくなりました。(ちょめさん)

・近しい同僚には話してましたが、流産してお休みを頂いたことで、知って欲しくなかった先輩などにも知られてしまいました。不妊治療のことをズカズカと聞かれるようになって本当シンドイです(しいたけさん)

 

的外れなアドバイスをされるようになった21.4%   

・前の職場で、「痩せたらできる」「野菜を食べたらできる」など根拠の無い事を言われストレスだったので、今の職場には言ってない。(HitommyK32さん)

・「大丈夫だよ、いつかできるから」と言われ、もう話すのが嫌になったので、今はほんの一部の仲良い人しか話してないです。(n.さん)

 
噂をされた14.3%   

・同僚に不妊治療をしていると明かしたら、他の人に話されました。話すのは、上司と信頼できる少数が得策です。(ゆめさん)

・仲のいい先輩に話してました。でも話さなきゃよかったと思います。色々言われました。その人が他の人にも私のことを話してるんだなあと思うと、やっぱり言わなきゃよかったと思います。(ayu_home2021)

 

理由不明慮35.7%   

 

スポンサーリンク

話していない 

話していない理由は? 

36人

仕事に支障がないから 22.2%  

・お休みや遅刻や早退が自由なので、特に相談してないです。(あおさん )

 ・私は治療していることは上司含め誰にも話していませんでした。時差出勤で早めに出退勤していたのと、急な有休や時間休をとりやすい職場だったので、周りに言わなくてもなんとかなりました(めろんさん)

  

気を使わせないように 22.2% 

・同僚に赤ちゃんが産まれたばかりの人がいて、気を遣わせたくないので……(はなこさん)

・誰にも話していません。時間の融通が効く仕事というのが大きいかもしれません。あとは、色々気遣われて「良かれと思って」の配慮が働くのがめんどくさいのと、不妊治療で心が荒れ狂ってても、私の心と無関係に職場がいつもと変わらず淡々とそこにあることが、私の場合は救いになるからです。そして「不妊治療してます」って言って仮に「私も〜!」ってなったとして、不妊でもみんな状況も結末も違うので、無駄な共感とかお互い不幸になるだけなのでいらないな、と思うからです。(ぼんじり祭さん)

 

理解してもらえなさそうだから 22.2%   

・実績を重視する会社なので、不妊を公表した瞬間偏見の目が自分に向くことがわかってるからです。できなかったらできないで裏でなにか言われそうで……。(まるさん)

・超男性主体の会社で、妊活する=育休、時短、業務転換=マイナス…ととらえるいつの時代やねんという風潮が根強いからです。詮索されるのも嫌ですし……。(めごさん) 

 

不妊治療をしていることを知られたくない 11.1%  

・同性として不妊治療しているのを知られたくないからです(megumi.aさん)

 

詮索されたくない 8.3% 

・詮索されたくない。余計な期待をされたくない。自分のいないところでウワサ話のネタになりたくない。勝手な被害妄想です。笑(シンさん)

 

噂されたくない 8.3% 

・口が軽い方たちばかりなのであまり言う気になれません。不妊治療で仕事を休む時も理由は話してません!(むみさん)

・小さい職場で、誰かに話すと職場全体に広まる可能性がとても高いので絶対秘密にしてます。(いくこさん)

 

話すことで惨めに感じる 5.5% 

・気を使われるのが嫌だからです。……違いますかね……本当は子供ができなくてかわいそうと思われたくないからかもです。(k.sさん)

・みんなは2.3人と授かれたのに、治療しないと1人も授かれないという自分が惨めに感じてしまうからです。(megumi.aさん)

 

スポンサーリンク

まとめ 

不妊治療をしていることを職場で 

話している 78.1%

話していない 21.9% 

 

話した人 

話した理由  

1位 休み調整のため 55.7%  

2位 嫌な思いをしないように 10.7%  

3位 不妊治療は隠すものではない 8.4% 

 

話してよかったこと

1位 休みやすくなった 54.3%  

2位 気を使ってもらえるようになった 10.9% 

3位 情報収集に役立った、話を聞いてもらえる 8.7%

 

話して後悔したこと

1位 根掘り葉掘り聞かれるようになった 28.6%

2位 見当違いなアドバイスをされるようになった 21.4%

3位 噂をされた 14.3% 

 

 

話していない人 

話していない理由 

1位 仕事に支障がないから、気を使わせないように、理解してもらえなさそうだから  22.2% 

2位 不妊治療をしていることを知られたくない 11.1%  

3位 詮索されたくない、噂されたくない 3 8.3% 

 

 

おわり 

話した派の人も、話していない派の人もどちらも一番多い理由が休み調整のためでした。 

職場の人に話を聞いてもらったり、アドバイスをもらうことがプラスになるかマイナスになるかは、個人差があるようです。 

個人的に、「今後治療をする人がしやすい環境を作るためにも話している」というご意見が、なるほど~!となりました。

自分のためだけじゃなく今後のことまで考えて……いやすばらしいです。

 

今どうしようか悩んでいる方は、ご自分の考えと似ている方の意見を参考にして、どうすればできるだけストレスを減らしつつ仕事と治療を両立させられるか考えてもらえれば嬉しいです! 

最後までお読みいただきありがとうございました!

うに🐰

コメント

タイトルとURLをコピーしました