スポンサーリンク

ピアスがなかなか安定しないと思っていたらキャッチが埋まっていた話

いろいろ
0

こんにちは。うにです。

私はピアスが好きで約15年間に渡り開けたり閉じたりとしています。その中でキャッチが埋もれて、約10ヵ月の間なかなか安定しなかった経験があり印象に残っているので、お話します。

14ゲージのニードルを使用しピアスホールをロブ(耳たぶ)に開けました。

※ゲージ:針やピアスの太さのことです。一般的なファッションピアスは18ゲージが多く、数字が小さいほど太いです。14ゲージが一番安定しやすいと言われています。

ニードル

※ニードル:太い注射針のような形状をしています。それを自分で耳に刺してホールを開けます。ピアッサーは、ばちん!という音がとても苦手だという事と、狙った場所に開けにくいため私はニードル派です。


ストレートバーベル

金属アレルギーがあるので、サージカルステンレス素材の14ゲージストレートバーベルをファーストピアスにしました。やや斜めにはなりましたが、概ね問題なく開けられました。

開けてから3か月ほど経ったあたりまで痒みが継続していました。ホールの安定も遅いように感じました。

ガラスリテーナー

アレルギー反応かと考え、同ゲージのガラスリテーナーに変更しました。


変更後しばらくは症状が落ち着き、痒みも軽減し、ホールも安定へ向かっているように見えました。

帽子を脱いだ際にピアスにひっかかり強い痛みを感じたことがありました。服などにひっかかるのはよくあることですが、痛みが強かったのでよく覚えています。

Oリングのついたガラスリテーナー

その頃、Oリングが頻回に外れ、いくつも紛失していました。(※Oリング:ボディピアス用のシリコンのキャッチ)あまりにも外れるので、ファッションピアス用のシリコンキャッチの穴を広げて使用することにしました。

ガラスリテーナーに変更から1か月ほど経った頃、ホールに痛みや痒みが出てくるようになりました。

泡洗浄を行い触れないようにして清潔に保つよう心掛けていましたが、4か月経過してもよくなる気配はなく、膿まで出てきました。

流石におかしいと思い、薬局で抗生物質のテラマイシンを購入。1日1回お風呂上りに塗ることにしました。しかしますます症状は酷くなっていき、痛みも膿の量も増加してしまいました。

1か月ほど試しましたが、治る気配はなく、ホールを閉じることにしました。腫れているし、膿は出ているしで外すのはかなり痛かったです。

なんとか外れたピアスを見てみると、Oリングが付いていました

Oリングは紛失したのではなく、帽子がピアスに引っ掛かった時にホールに埋まってしまったのだと思われます。

その後、再びピアスを装着し、テラマイシンを塗って過ごしました。

1週間ほどで腫れ、痛み、痒み、膿はすべて落ち着きテラマイシンは終了しました。

そこから約2か月でホールはすっかり綺麗に完成しました。ちなみに完成後はサージカルステンレスも問題なく使用できています。




キャッチが埋もれるなんて想像もしていなかったので、とても驚きました。

yahoo知恵袋など見ていると同じような方が何人かいらっしゃいました。中には3年埋もれっぱなしという猛者もいました。

たまたまピアスにくっついて出てきてくれたから良かったですが、埋もれたままなら手術とかになっていたかと思うと怖いです。これからOリングの扱いは気を付けようと思います。

なにか変だと思ったら素人判断せず病院に行った方がいいですね。4か月も耐えなくても、もっと早く治っていたでしょう・・・

もし似たような症状のある方がいらっしゃったら、病院に行ってくださいね。

🐰

0

2つのブログランキングに参加しています。

応援していただけると泣いて喜びます!

いろいろ
うにをフォローする
エレビットは製薬会社が作った葉酸サプリ。葉酸の働きを助けるビタミンB6とB12を含む、12のビタミンと6のミネラル等18種類の栄養素を配合しています。
うにもり

コメント

タイトルとURLをコピーしました