スポンサーリンク

効果のあった忘れ物対策

いろいろ
0

こんにちは。うにです。

私は昔からとにかく忘れものが多いです。

小学生の時はよく連絡帳に先生からお叱りのメッセージをいただいていました。

気を付けよう、気を付けようと思っていても忘れます。

気を付けようと思っているだけではだめなんです。気を付けられないから忘れているんです。


今日は忘れ物歴の長い私がいままで試した対策を紹介します。

とにかく忘れ物が多くて、自分でも大丈夫かなと不安になるレベルの忘れ物しまくりさんに読んでいただきたいです。

私は下記の方法でだいぶ忘れ物が減りましたので、参考にしていただければ幸いです。



スポンサーリンク

必ず持ち歩くものの場合

①鞄を変えない

シンプルに、要るものを全て鞄に入れておきます。

そして鞄は変えてはいけません。

変えてしまうと「今日はこれはいらないな~」とその日必要なものだけを移し替えてしまい、なにがどの鞄に入っているのかわからなくなります。

必要になった後日に「ない、ない・・・」と探し回る羽目になり、待ち合わせに遅れる。

そして最終的には無くしたと思って同じものを購入することになります。

時間もお金も無駄になります。

大きな鞄に常に大量の荷物を持ち歩きましょう。

メリット:手間がかからない。

デメリット:重い、ファッションを楽しめない、全く鞄を入れ替えないように過ごすのは難しいので結局いつか忘れ物をする。


②全ての鞄に必要なものを入れておく

すべて複数セットを用意し、すべての鞄に先に仕込んでおきます。

(例:薬・目薬・ハンカチ・ティッシュ・イヤホン・ナプキンなど)

方法①と併用して行っていたこともあります。

基本の鞄を決めておき、たまに他の鞄を使うというように。

①に比べると忘れ物率は下がった気がしますが、財布や眼鏡など複数用意することが難しいものを忘れました。

メリット:細かい忘れ物を減らせる。

デメリット:大事なものを忘れやすくなる。あまり使わない鞄の中の薬などの期限がいつの間にか切れている。


必要なものをボックスにまとめる。

私は現在この方法を実践しています。

100円均一に売っているボックスでも、段ボールでも、紙袋でも、何でもよいです。入れ物を用意します。

出かける際に必要になりそうなものを全てそこに入れます。

そして出かける前にその中からその日に必要なものを選んで鞄に入れます。

帰宅時に、鞄の中身をまたボックスに戻します。

よほどのことがない限り、忘れ物はしなくなるはずです。

ただハンカチはいまだによく忘れます。使用したハンカチは洗いに出すからです。対策としては、帰宅時に新しいハンカチをボックスに入れることかなと思っていますが、8割忘れてますね。ボックスに『新しいハンカチを入れる』とメモでも貼っておいたほうがよさそうです。

参考までに私のボックス内物品:財布、カードケース、ピルケース、目薬、絆創膏、予備眼鏡、エコバッグ、折り畳み傘、ポケットティッシュ、イヤホン、ナプキンセット

今後の課題:薬や絆創膏、ティッシュなど消耗品の補充を忘れる。(この記事を書いていて絆創膏が空だったのを思い出しました。あとで補充では絶対忘れるので今してきました。)

メリット:用意されているものの中から必要なものを選ぶので視覚的にわかりやすい。

デメリット:入れ替えの手間がある。




その日だけの特別な持ち物の場合

前提条件として、ギリギリに用意しないことが大切です。

忘れ物しまくりさん達が器用に直前準備なんてできるわけありません。面倒くさいですが、諦めましょう。

前日、せめて数時間前には持ち物の整理をして準備しておきます。

その際も抜けが多いと思うのでメモなどと照らし合わせて2~3回声出し指差し確認します。

そこまで準備しても持って出るのを忘れるのが我々です。私は以下の対策をしています。


①ボックスに入れておく。

ボックスに入るものはボックスへ。前日に入れておきましょう。

必要となる物品を持っていく日がだいぶ先の予定の場合、予定日の前日に入れることをお勧めします。

ずっとボックスに入っているといつの間にかその物品がそこにいることが当たり前になり、忘れます。

予定日の前日の、その必要物品を用意できると思われる時間にアラームを設定すると良いです。

その際ラベルには『〇〇を用意する』ときちんと何をするかわかる内容を入力します。

しないと「なんのアラームかな」と忘れています。


②玄関に置いておく。

ボックスに入らないものは玄関に置いておきます。

注意点は上記①と同様です。何日も前からずっと置いていてはいけません。忘れます。


③スマホのアラームを設定しておく。

出かける時間の数分前にアラーム設定しておきます。

これも①でお伝えしたように、ラベルに『〇〇を持っていく』などと内容を書いておきます。

なにを知らせたいアラームなのか忘れている可能性があります。

忘れ物の多い人は出かける用意もギリギリだと思うので焦っている時間帯でしょうから余計です。

かといって余裕をもって数十分前になんて設定してはいけません。出かける時間には忘れています。

よほど心配であればスヌーズで何度も通知すればよいと思います。


ちなみに私は①or②+③で万全の構えです。



その他ポイント

・準備に集中する。

歌いながら、テレビを見ながら、話しながら・・・などながら準備は忘れ物の元です。

声だし指差し確認で忘れ物撲滅。


・あとでしようは絶対忘れる。

過信してはいけません。忘れます。覚えているうちにすぐ行動します。

例:すぐアラーム設定する、すぐボックスへ入れる、すぐ補充する。


・カレンダーに予定入力ではなく、アラームやリマインダーを設定しておく。

前記内容と重複する部分がありますが、カレンダーへの入力だけだと「あとでしよう」になりやすいからです。

忘れ物の多い人は、音や振動でせかされてやっと動けます。


・必要物品をセットにする。色を変える。

持ち歩く頻度が高いものはカテゴリごとにポーチに分けるとより忘れ物しにくくなります。

例:消耗品ポーチ内→ピルケース、絆創膏、目薬、ティッシュ

そしてそれぞれの物の色が違うほうがより分かりやすいです。

私は財布は黒、眼鏡ケースは赤、消耗品ポーチはオレンジ、イヤホンケースは緑、ナプキンポーチはピンクと色分けしています。



まとめ

忘れたくて忘れているわけではないし、困るのは自分なのに忘れちゃいますよね。

自分だけならいいけれど、人に迷惑をかけたり信用を失ったりと、大変なことになることもあります。

面倒ですが、忘れ物を少しでも減らせるように工夫していきましょう🐰

0

2つのブログランキングに参加しています。

応援していただけると泣いて喜びます!

いろいろ
うにをフォローする
エレビットは製薬会社が作った葉酸サプリ。葉酸の働きを助けるビタミンB6とB12を含む、12のビタミンと6のミネラル等18種類の栄養素を配合しています。
うにもり

コメント

タイトルとURLをコピーしました